読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこぽんのーと

覚書と雑記です。

JavaEE 7をやってみよう。 HSQLDB/DBeaver/データソースエクスプローラ その3

その2のつづき。

HSQLDBへの接続設定をデータソースエクスプローラでやってみる。
データソースエクスプローラは「データベース開発」のパースペクティブで開かれる*1

データソースエクスプローラの「データソース接続」を新規追加する場合は、
「データソース接続」を右クリックしてコンテキストメニューから「新規」を選ぶ。

1. 新規接続プロファイル
接続プロファイルタイプとデータベース接続の名称を入力する。
f:id:nagamitsu1976:20150910204604p:plain
2. ドライバ設定
使用するJDBCドライバとパラメータを設定する。設定内容はDBeaverの時と同じように入力する。
いきなりこんな感じでドライバが選択できれば良いのだが。。。
f:id:nagamitsu1976:20150910204930p:plain
2'. ドライバープルダウンにHSQLDBが表示されないアナタに
ドライバープルダウンの右にある新規ドライバ定義ボタンを押して、ドライバ定義を追加する。
f:id:nagamitsu1976:20150910205512p:plainJarが無いと警告が出ているので、ドライバファイルを選択し直す。
DBeaverでダウンロードしたJarファイル*2を使うと一石二鳥で無駄がない。
f:id:nagamitsu1976:20150910210207p:plain
f:id:nagamitsu1976:20150910205528p:plain
OKを押すとドライバ定義が登録できる。
3. 接続テスト
設定に間違いが無いか確認を行う。正しく接続できるとこんなメッセージが出る。f:id:nagamitsu1976:20150910210535p:plain
4. 完了
完了!
データソースが追加されると自動的にDBに接続される。
DBeaverからテーブルを作っておいた場合、そのテーブルがツリーに表示されているはず。
接続はできるのに追加したテーブルが見えない場合は
別のDBに繋いでいる可能性が考えられるので、設定を見直すと良い。
f:id:nagamitsu1976:20150910210705p:plain

といったところで、次回に続く。

*1:この方が楽だよ。多分

*2:Eclipseワークスペース内の.metadata/.plugins/org.jkiss.dbeaver.core/driversに格納されている。