ひこぽんのーと

覚書と雑記です。

Arch Linuxのインストール手順のこと その4

How to use AUR

Ubuntuで言うPPAみたいなもの。
AURのリポジトリにはソースが置いてあるので、
ダウンロードしてきて、ビルド、インストールすると認識すればいい。
手でやるのは面倒だと思うけど、そこはそれ、
パッケージ名を指定するだけで導入できるツールがある。

Yaourtの導入

ヨーグルトと読むらしい。
これを導入すれば、AURも簡単に導入できる。

gitのインストール

インストールしたてのArch Linuxにはgitも入ってないので、これを追加する。

# sudo pacman -S git
package-queryのインストール

yaourtで必要なpackage-queryをインストールする。
適当なディレクトリを作ってそこにcloneして、手順に従ってビルドする。

# mkdir ~/.local/share/aur
# cd aur
# git clone https://aur.archlinux.org/package-query.git
# cd package-query
# makepkg -si
# cd ..
yaourtのインストール

続いて、yaourtをcloneして、ビルドする。
ビルドが終われば導入完了。

# git clone https://aur.archlinux.org/yaourt.git
# cd yaourt
# makepkg -si
# cd ..

実験: Mate Tweakのインストール

AURパッケージ導入の実験として、Mate Tweakをインストールしてみる。
Ubutu MateにあったMate TweakはArch LinuxではAURに分類されているので、
まずは、Arch LinuxのAURのページへ行き、Mate Tweakのパッケージ名を調べる。
f:id:nagamitsu1976:20180621153107p:plain
いくつかあるが4つのうち3つは開発版だたりgtk2版だったりして違うようなので、
最上位にある「mate-tweak」をインストールしてみる。

# yaourt -S mate-weak

手順としては上のコマンドを実行するだけ。
これで、ソースのダウンロードからビルド、インストールまで一括で行える。
コマンド実行中にビルドファイルの編集、ビルドされたパッケージの内容確認を聞かれるが
これは特にしなくても大抵は問題ない。
出来あったパッケージをインストールすれば、
コントロールセンターにMate Tweakが追加される。

That's all. the end.

といったところで、Arch Linuxの導入はおしまい。
Arch Linuxをインストールしてみると、
Ubuntuの導入がいかに楽なのかがよく実感できる作業でした。

Arch Linuxのインストール手順のこと その3

Customize Mate Desktop Environment

とりあえず、デスクトップが表示されたけれど、
まだ、機能が足りない。
というわけで、環境構築の続き。
GUIのフォントが文字化けしている場合なんかは、
外観の設定で好きなフォントを設定しておいてください。

IMEの設定

キーボードレイアウトの設定。

キーボードレイアウトが初期ではUSになっているので、
コントロールセンターからキーボード設定を呼び出して、
レイアウトの設定を行う。
日本語レイアウトを追加してUSレイアウトを削除する。
合わせてキーボードの型式も設定する。
f:id:nagamitsu1976:20180621135729p:plain

インプットメソッドフレームワークのインストール

Ubuntu Mate 16.04でも採用されていたfcitx-mozcをインストールする。

# sudo pacman -S fcitx-im fcitx-mozc fcitx-configtool

ホームディレクトリに.xprofileを作成し、下記を追加する。

nano ~/.xprolie

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

一旦、ログオフし再ログインすると、fcitxが立ち上がる。
(通知スペースにキーボードのアイコンが出る)
fcitxの設定パネルからアドオンタブを開いて、advancedチェックをON。
Fcitx XIM Frontendを選択して、ダイアログのチェックボックスをONにする。
fcitxを再起動。
f:id:nagamitsu1976:20180621140800p:plainf:id:nagamitsu1976:20180621140805p:plain

XDGユーザディレクトリの作成

XDGユーザディレクトリというのは、ユーザのホームディレクトリ配下にある
「デスクトップ」とか「ダウンロード」などのディレクトリのこと。
初期のMateではパッケージがインストールされていないので作られていない。
手順は以下の通り。

xdg-user-dirsパッケージのインストール
# sudo packman -S xdg-user-dirs
xdg-user-dirs-updateの実行

デフォルトで良ければ、xdg-user-dirs-updateを実行する。
英語が良ければ、LC_ALL=C xdg-user-dirs-updateを実行する。

# xdg-user-dirs-update
or
# LC_ALL=C xdg-user-dirs-update

デフォルト以外のパスを使いたければ~/.config/user-dirs.dirsを作成し、
中身を記載してから、xdg-user-dirs-updateを実行する。

nano ~/.config/user-dirs.dirs

XDG_DESKTOP_DIR="$HOME/Desktop"
XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME/Documents"
XDG_DOWNLOAD_DIR="$HOME/Downloads"
XDG_MUSIC_DIR="$HOME/Music"
XDG_PICTURES_DIR="$HOME/Pictures"
XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME/Public"
XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME/.Templates"
XDG_VIDEOS_DIR="$HOME/Videos"

gvfsマウントルールの追加

ファイルマネージャでディスクをマウントする際、認証を求められることがある。
それを回避するために以下の設定を行う。

storageグループにユーザを追加
# usermod -aG storage [user-name]
10-enable-mount.rulesの作成

/etc/polkit-1/rules.d/10-enable-mount.rules

# nano /etc/polkit-1/rules.d/10-enable-mount.rules

# 下記を追加
polkit.addRule(function(action, subject) {
	if (action.id == "org.freedesktop.udisks2.filesystem-mount-system" && subject.isInGroup("storage")) {
	    return polkit.Result.YES;
	}
});

音量がリセットされる場合の対処

ボリュームコントロールからボリュームを設定したのに、
再起動するとリセットされている場合に実施する。

alsa-utilsパッケージのインストール
# sudo pacman -S alsa-utils
ALSA設定の保存&レストア

この状況の場合、ALSA 設定ファイル/var/lib/alsa/asound.stateが存在しない……と思うのでコマンドを使って強制的に設定を保存し、レストアする。

# sudo alsactl -f /var/lib/alsa/asound.state store
# sudo alsactl restore

Congraturations!

日本語が入力できるようになれば、おめっとさん。
あとは自由にカスタマイズできるでしょう。

……って、ここで終わられても、まだAURを使ってない。
というわけで、その4へ続く。

Arch Linuxのインストール手順のこと その2

Install Mate Desktop on Arch Linux

その1の続き。
私はヘタレLinuxユーザーなのでGUIが無いと何もできません。
というわけで、GUI導入までの手順を残す。
LinuxデスクトップではダントツのMate推しなので、
Mate Desktopの導入となります。

CUI環境の整備

コンソールの文字化け対策

前回のインストール時にロケールをja_JP.UTF-8としたので、
今のコンソールではメッセージが化けまくっている。
そこで、tty環境(alt+ctrl+F1〜F6)ではLANG=Cとなるように、Bashの定義を追加する。
追加後、再度ログインすれば、メッセージは英語で表示される。

# nano /etc/bash.bashrc
 ……
#下記内容を末端に追加
# tty force LANG=C
(tty|fgrep -q 'tty') && export LANG="C"
 ……

ちなみに、コンソールに日本語を表示する方法として、
fbtermとかKMSCONとかを導入するって方法があったけど、
どっちも試した結果、どちらもしっくり来なかった。
解像度とか、描画の美麗さ、反応速度とか色々。
で、結局、文字化けしなければ英語で十分、という判断になった。

タブ補完の強化
# pacman -S bash-completion
multilibリポジトリの有効化

64bitOSなので32bitのライブラリは不要だけれど、
wineを使いたいので32bitライブラリもインストールできるように
multilibリポジトリを有効化しておく。
/etc/pacman.confの[multilib]の項目とパスを有効化

# nano /etc/pacman.conf
# pacman -Syu
ユーザ追加
# useradd -m -G wheel -s /bin/bash [username]
# passwd [username]
sudo設定の追加

sudoで権限委譲できるuserを追加する。

# visudo
……
# User privillege specificationの項に下記を追加((グループ全体を適用する方法もある。))
[username] ALL=(ALL) ALL
……
日本語フォントのインストール

これはお好みで。

# pacman -S noto-fonts noto-fonts-cjk

GUI環境の構築

X Window Systemのインストール
# pacman -S xorg-server xorg-apps xorg-server-xephyr
グラフィックドライバのインストール

lspciコマンドを使ってVGAバイスの確認を行う。

# lspci | grep -e VGA -e 3D

確認できたグラフィクカード(or チップ)に合わせてドライバをインストールする。
wikiXorgの項目にインストールべきドライバについて記載がある。*1
うちのPCはnVidia GeForce GTS 250なのでnvidiaのレガシードライバをインストールした。

# pacman -S nvidia-340xx nvidia-340xx-utils lib32-nvidia-340xx-utils

nvidia-settingsというツールでグラッフィクボードの状態を見たり、Xorgの設定が行えるのだが、
GUI表示させた場合、下記のパッケージが無いとエラーがでるので、
気になる場合はインストールしておく。

# pacman -S gtk2 gtk-engines

nvidiaドライバが更新された時、initramfsのアップデートが必要となる。
ドライバ更新時のinitramfsの再作成を自動化するため、
/etc/pacman.d/hooks/nvidia.hookファイルを作成しておく。

# nano /etc/pacman.d/hooks/nvidia-340xx.hook

[Trigger]
Operation=Install
Operation=Upgrade
Operation=Remove
Type=Package
Target=nvidia-340xx

[Action]
Depends=mkinitcpio
When=PostTransaction
Exec=/usr/bin/mkinitcpio -p linux
ディスプレイマネージャのインストール

ディスプレイマネージャにも色々あり、何を選ぶかは自由となっているが、
Ubuntu Mate 16.04で採用されていたLightDMを選んだ。

# pacman -S lightdm lightdm-gtk-greeter lightdm-gtk-greeter-settings

あとで気づいたことだけど、Mate導入後にjournalログを見たらこんなエラーが出てた。

6月 20 11:04:19 catharina lightdm[479]: Error getting user list from org.freedesktop.Accounts: GDBus.Error:org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.Accounts was not provided by any .service files

ここに少しやり取りがあり、accountsserviceパッケージが無いと発生するらしいが、
動作には問題が無い模様。*2
でも、気になるのでインストールをしておく。

# pacman -S accountsservice
MATEデスクトップのインストール
# pacman -S mate mate-extra
ディスプレイマネージャの自動起動On
# systemctl enable lightdm
コンポジットマネージャのインストール

ウィンドウ装飾のことらしいんだけど、
Mateで採用されているウィンドウマネージャのMarcoには、
ソフトウェアコンポジットの機能があるので、なにもしなくてもウィンドウの装飾は行われる。
とはいえ、これはLinux
実はこの装飾を行うプログラムであるコンポジットマネージャも好きに選べる。
ということで、comptonというコンポジットマネージャも入れてみた。

# packman -S compton

起動するには自動起動するアプリケーションに下記のように追加するだけ。
ただし、起動する際はMarcoのコンポジット機能をOFFにしておく必要がある。

# compton -b
起動時NumLock On

ディスプレイマネージャ起動時にNumLockをOnにする方法。
デフォルトOffでも構わないのだけれど、
NumLockがOnのままログオフするとNumLockのランプがついているけれど、
内部ではNumLockがOFFという奇妙な状態になるので、
デフォルトOnとなるようにしておいた。
当然、ディスプレイマネージャによってやり方は異なる。
LightDMの場合は、numlockxパッケージをインストール後、
/etc/lightdm/lightdm.confを編集する。

# pacman -S numlockx
# nano /etc/lightdm/lightdm.conf
……
# greeter-setup-scriptの行を有効にしてnumlockxのコマンドを記述する
[Seat:*]
greeter-setup-script=/usr/bin/numlockx on
……

ネットワークマネージャのインストール

dhcpcdが動いているので今のままGUIを起動してもネットワークには繫がる。
ただ、Mateの通知パネルに通知が上がってこないのでわかりにくい。
そこで、ネットワーク設定をNetworkManagerにやらせることにする。

インストール
# pacman -S networkmanager network-manager-applet gnome-keyring
NetworkManagerの自動起動On
# systemctl enable NetworkManager
dhcpcdの自動起動Off
# systemctl disable dhcpcd

Windows Network 共有

ファイルマネージャ(caja)で共有サーバを覗くだけなら
gvfs-smbパッケージをインストールするだけでOK。
だめだったらsamba smbclient cifs-utilパッケージもインストールする。

	# pacman -S gvfs-smb
	# だめだったら後からこれもインストール。
	# pacman -S samba smbclient cifs-util

再起動

# reboot

Congraturations!

再起動後、ログイン画面が出たらおめっとさん。
新しく作ったユーザでログインできたらおつかれさん。

……って、ここで投げ出されても、まだツラい。
というわけで、その3へ続く。

Arch Linuxのインストール手順のこと その1

Install Arch Linux

Ubuntu Mate 18.04がいまいちだったのでArch Linuxに入れ替えた。
Arch Linux公式サイトにはインストール手順やドキュメントが充実しているので、
基本は手順通りに行えば良いのだが、それでも迷うところがちらほらあった。
念のために、以下に手順を残す。
今回はBIOSモード、MBRGRUBをインストールするレガシーなパターンです。

インストールメディアの準備

公式サイトからインストールイメージをダウンロード。
Ubuntuのディスクイメージライターを使って、USBメモリにレストアした。

パーティション

UbuntuのLive CDで予め作成した。
とはいえ、LVMを使うのでGUI操作よりコンソール操作が多かった。

バイス マウントポイント フォーマット サイズ 用途
/dev/mapper/mate--vg-lvswap - SWAP 16G スワップ
/dev/mapper/mate--vg-lvroot / ext4 100G ルート領域
/dev/sdb1 /boot ext2(boot ON) 1G ブート領域
/dev/mapper/mate--vg-lvfile /usr/files/ ext4 残り全部 ユーザデータ用

nagamitsu1976.hatenadiary.jp

インストールの準備

PCをUSBブートしてArch Linuxインストールメディアを起動。
メニューからインストーラーを起動。

キーボードレイアウトの設定
# loadkeys jp106
パーティションの確認

インストールするディスクのデバイス名を確認する。

# fdisk -l
ルートパーティションのマウント
# mount /dev/mapper/mate--vg-lvroot /mnt
マウントポイントを作成
# mkdir /mnt/boot 
# mkdir -p /mnt/usr/files
残りパーティションのマウント
# mount /dev/sdb1 /mnt/boot
# mount /dev/mapper/mate--vg-lvfile /mnt/usr/files
スワップ有効化
# swapon /dev/mapper/mate--vg-lvswap
ネット接続の確認

wifi接続の場合、接続設定を行う必要があるので、
有線接続での作業が楽です。
wifi設定はOSインストール後なら、NetworkManagerを使うなりなんなりで、
手軽にできるからです。

# ping www.google.com
システムクロックの変更
# timedatectl set-ntp true

OSのインストール

ミラーの選択

mirrorlistファイルを開いてリストから国内のサーバーを検索する。
見つかった国内サーバーのURLをファイルの上位にカット&ペーストする。
国内のサーバーもいくつかあるので、
どんな順番にするかは下のページを見ると参考になる。
https://www.archlinux.jp/mirrors/status/

とはいえ、Jaist筑波大学のサイトを上位にすればいいと思う。

# nano /etc/pacman.d/mirrorlist
ベースシステムのインストール
# pacstap /mnt /base base-devel
fstabの生成
# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

システム設定

以降は、システムの基本設定を行う。
タイムゾーンロケール、ホスト名などなど。

ルートディレクトリ変更

インストールしたベースシステムにルートを変更する。

# arch-chroot /mnt
タイムゾーン設定
# ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc
ロケール設定

/etc/locale.genを編集してからlocale-genを設定する。
有効にするのはen_US.UTF-8 UTF-8とja_JP.UTF-8 UTF-8でOK

# nano /etc/locale.gen
# locale-gen

/etc/locale.confにロケールを定義する

# echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf
キーマップの設定
# echo KEYMAP=jp106 > /etc/vconsole.conf
ホスト名の設定
# echo myhostname > /etc/hostname
# nano /etc/hosts

同じ名前を/etc/hostsにも記載。

127.0.0.1	localhost
::1		localhost
127.0.1.1	myhostname.localdomain	myhostname
ネットワーク設定

baseシステムではdhcpcdを使い、
あとでNetworkManagerをインストールして使う算段なので、
ここではdhcpcdを有効化する。

# systemctl enable dhcpcd@[network-interface-name].service
もしくは
# systemctl enable dhcpcd

インターフェイス名を確認するには、ip link*1を使う。

initramfsの生成

lvmを使っている場合(ルートパーティションが論理ボリュームの場合)
/etc/mkinitcpio.confを編集する。

# nano /etc/mkinitcpio.conf
……
# HOOKSの行に[lvm2]を追加する。
HOOKS=(base udev autodetect modconf block lvm2 filesystems keyboard fsck)
……
# mkinitcpio -p linux
*** rootパスワード設定
>|bash|
# passwd

ブートローダーの設定

最初に書いた通り、ここではBIOSモードでMBRGRUBをインストールする。

exFatNTFSのサポート

Windowsとのデュアルブートのために、exFatNTFSを扱えるようにする。
デュアルブートでなくても入れておいたほうが無難か。

# pacman -S exfat-utils ntfs-3g
GRUBのインストール

grub-installでMBRに書き込むデバイスを間違えないように注意する。
ここでWindowsのインストール先ディスクに書いてしまったら……*2

# pacman -S os-prober grub
# grub-install --target=i386-pc /dev/sdb
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
マイクロコードアップデート設定

Intel製CUPを使っている場合は、更にintel-ucodeパッケージをインストールする。
インストール後、再度、grub-mkconfigを行う。

# pacman -S intel-ucode
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

再起動

exitで一旦抜けたあと、
ルートパーティションをアンマウントし再起動する。
ブート前にインストールメディアを抜いておくのを忘れずに。

# exit
# umount -R /mnt
# reboot

Congraturations!

ディスクから起動するとGRUBが立ち上がり、
Linuxが起動すれば、インストール成功。
これでCUILinuxが使えます。
おつかれさまでした。

……って、ここで投げ出されてもツラい。
というわけで、その2へ続く。

*1:ifconfigを含むはnet-toolsはもう過去のものになってるようだ。

*2:Windowsブートローダーが壊れます。

Raspberry PiでDNLA Music Serverから曲を取得して再生するのこと。

うちの環境にはBuffaloのLinkStationというNASがあって、
こいつがDNLA Media Serverの機能を持っているので、
ミュージックライブラリとして使っていた。
VLCにはUPnP機能があったので、これで再生していた。
しかし、再生するにはパソコンを立ちあげなければいけない。
スマホにもUPnPメディアクライアントはあるけれど、
再生にはスマホを使わないといけない。

というわけで、
サーバーとして24h稼働しているRaspberry Pi
このような音楽の再生ができないかと考えた。

調査の結果、以下のことがわかった。

  • DNLAはUPnPの仕様に基づいて作られている。
  • UPnP Media Serverのコンテンツを再生するには、Media Rendererの実装が必要である。
  • Media ServerとMedia Rendererの操作を行うためにクライアントが必要。
    操作のための通信方式がSSPDだったり、SOAPだったりする。

ここまでわかるまで、SSPDやらSOAPやらを叩いて時間を使ってしまった。

これを踏まえて現状を見ると、以下が見えてきた。

  • Media Serverはある。→ LinkStation
  • Media Rendererはない。→ Raspberry Piに構築。
  • Media Clientはない。→ さしあたり、Androidの『BubbleUPnP』が使えそう。

と、こんなことをすでにやっている人がおり、
下記の記述を参考にRaspberry PiにMedia Rendererを構築してみた。

Playing music on a Raspberry Pi using UPnP and DLNA (revisited)

ここの例にあるように、Raspberry PiにGMediaRenderをインストールした。
自動起動については、init.dではなく、systemdを使った。

スマホにインストールしてあるBubleUPnPのレンダラーを
Raspberry Pi上のレンダラーとすることで、
Raspberry Piから音を出すことができた。

しかし、Clientは自作したいな。
現状、スマホからしか操作できないのは不便だ。

参考文献:
http://blog.scphillips.com/posts/2013/07/playing-music-on-a-raspberry-pi-using-upnp-and-dlna-revisited
https://openconnectivity.org/developer/specifications/upnp-resources/upnp
http://www.upnp.org/specs/av/UPnP-av-AVArchitecture-v1.pdf.

Raspberry Piでラジオを鳴らすのこと

Raspberry Piにスピーカーをつけてラジオを鳴らす方法についてのメモ。
おおまかな仕掛けとしては、
Radikoのswfプレイヤーからストリーミングデータをぶっこ抜いて
メディアプレイヤーで再生する方式の模様。
(だから、いつまで使えるかわからんね)

音声を再生するアプリの導入*1

sudo apt-get install mplayer

ストリーミング関係のアプリの導入

sudo apt-get install rtmpdump swftools libxml2-utils

音声出力先の設定

デフォルトではイヤホンジャックかHDMIか自動判定となっている。
HDMIなり、イヤホンジャックなりどちらか固定としたい場合は
rasp-configから設定可能。
設定メニューの[Advance Options] -> [Audio]と追っていき、
[Auto], [Force 3.5mm ('Headphone') jack], [Force HDMI]から選択する。

sudo rasp-config

音量の設定

画面からできるけど、コマンドでやる場合。
下記でコマンドで現在の値を知る。

sudo amixir -M

Simple mixer control 'PCM',0
  Capabilities: pvolume pvolume-joined pswitch pswitch-joined
  Playback channels: Mono
  Limits: Playback -10239 - 400
  Mono: Playback 400 [100%] [4.00dB] [on]

下記、コマンドで設定する。

sudo amixir sset PCM 100%

radikoを再生するスクリプトの取得

スクリプトをここから取得
play_nhk-radio.sh · GitHub

play_radiko.sh スクリプトの修正

radiko側の状態が変わっているのだろうが、
再生で使用するplay_radiko.shはそのままだと動かない。
以下の箇所を修正する。

修正前 修正後
28 playerurl=http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf playerurl=http://radiko.jp/apps/js/flash/myplayer-release.swf
53 swfextract -b 14 $playerfile -o $keyfile swfextract -b 12 $playerfile -o $keyfile
70 --header="X-Radiko-App: pc_1" \ --header="X-Radiko-App: pc_ts" \
71 --header="X-Radiko-App-Version: 2.0.1" \ --header="X-Radiko-App-Version: 4.0.1" \
108 --header="X-Radiko-App: pc_1" \ --header="X-Radiko-App: pc_ts" \
109 --header="X-Radiko-App-Version: 2.0.1" \ --header="X-Radiko-App-Version: 4.0.1" \
111 --header="X-Radiko-Authtoken: ${authtoken}" \ --header="X-Radiko-AuthToken: ${authtoken}" \
112 --header="X-Radiko-Partialkey: ${partialkey}" \ --header="X-Radiko-PartialKey: ${partialkey}" \

*1:mplayerよりvlcのコンソール版cvlcの方が安定している気がする。mplayerだとsignal 13(パイプ破壊)が結構出た。

Raspberry pi Model BでGW-900Dを使うのこと

RaspbianにはPlanexの無線Lan子機 GW-900Dのドライバは用意されていない。
幸いドライバはrtl8812auのオープンソースドライバが利用でき、
ビルドさえすればLinuxでも動作する。

Web上にはこの手の手順がかなりあるものの、
持っているRaspberry piが初期型のためか、
導入にかなり手こずったので自分なりの手順を書いておく。
以下の手順では有線Lanでインターネットに接続している事が前提となる。

rtl8812auドライバのインストール

Raspbianをインストールする

手っ取り早くNOOBSでインストールした。(JESSIE)

OSの最新化

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade

rootパスワードの設定

$ sudo passwd root

ドライバのビルドに必要なもののインストール

rpi-sourceのインストール

Raspbianのソースを取得するためにこのツールをインストールする
$ sudo wget https://raw.githubusercontent.com/notro/rpi-source/master/rpi-source -O /usr/bin/rpi-source

rpi-sourceの実行で必要なもののインストール

sudo apt-get install bc
sudo apt-get install libncurses5-dev

rpi-sourceの実行(カーネルソースのダウンロード)

$ sudo chmod +x /usr/bin/rpi-source
$ sudo /usr/bin/rpi-source -q --tag-update
$ sudo rpi-source --skip-gcc (gccのバージョンで弾かれたため)

/usr/srcにリンクを貼る

ln -s /root/linux-XXXXXX /usr/src/`uname -r`

rtl8812auドライバのダウンロード

保存場所へ適時移動してからダウンロードを実行
git clone https://github.com/gnab/rtl8812au.git

ドライバのビルド

ダウンロードしたドライバのディレクトリに移動
Makefileの編集。

ターゲットプラットフォームをPCからARM RPIに変更する。
...
CONFIG_PLATFORM_I386_PC = n
...
CONFIG_PLATFORM_ARM_RPI = y
...

ビルド

変更後、ビルド。
make

ドライバファイルの設置&カーネルモジュールの依存情報の更新

cp 8812au.ko /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/net/wireless
depmod

再起動

sudo reboot

まだまだこれから

dmesg でドライバがロードされているか確認。

ネットワークインターフェイス名の固定化

なんだか知らないがネットワークインターフェイス名(eth0とかのアレ)が、
再起動するたびにコロコロ変更されるので、これを固定化する。

ネットワークインターフェイス名の調査

ifconfigとiwconfigを使って、現在のネットワークインターフェイス名を調べる。

MACアドレスNICのドライバ名の調査。

MACアドレスはifconfigで表示される、etherの値。
NICのドライバ名はethtoolで調べることができる。
ethtool -i ネットワークインターフェイス

ネットワークインターフェイス名の設定

/etc/udev/rule.d/70-persistent-net.rules を作成
ファイルに以下の要領で定義を追加する。
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="(ドライバ名)", ATTR{address}=="AA:BB:CC:DD:EE:FF(MACアドレス)", NAME="eth0(インターフェイス名)"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="(ドライバ名)", ATTR{address}=="AA:BB:CC:DD:EE:FF(MACアドレス)", NAME="wlan0(インターフェイス名)"

書式はここ参照。
NIC の名前(eth0, eth1, wlan0, ath0,...)を変更

再起動

sudo reboot

ifconfigで確認

ネットワークンターフェイス名が指定通りならOK。

wifiの有効化

アクセスポイントのscan

sudo iwlist wlan0 scan

wpa_supplicant.confの設定

sudo wpa_passphrase (SSID) (パスワード(平文)) >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicantの起動

sudo wpa_supplicant -Dwext -iwlan0 -c/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

接続の確認

ifconfigでIPアドレスが割り当てられていることを確認

wifi自動起動

システム起動時にwlan0が有効になるようにsystemdに設定する。

# systemctl enable wpa_supplicant@wlan0(インターフェイス名)
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/wpa_supplicant@wlan0.service → /lib/systemd/system/wpa_supplicant@.service.

wlan0用のwpa_supplicant.confを作成する。

sudo cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlan0.conf

再起動

ifconfigでwifiが自動接続されていることを確認する。

IPアドレス固定設定

検索すると/etc/network/interfacesを編集するってのがよく見つかるけれど、
その方法はもう古い。
JESSIEでは/etc/dhcpcd.confに設定を記述する方式に変わっている。
ちなみにUbuntu 16.04だったらnmtuiを使って設定する。

/etc/dhcpcd.confを編集する。

interface eth0
static ip_address=192.168.10.32/24
static routers=192.168.10.1
static domain_name_servers=192.168.10.1

interface wlan0
static ip_address=192.168.10.33/24
static routers=192.168.10.1
static domain_name_servers=192.168.10.1