読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこぽんのーと

覚書と雑記です。

ubuntu-makeのこと

ubuntu

Android Studioをインストールしてみようと思って、
取得場所を探してみると、
ubuntu-makeの記事が目についた。

開発ツールの導入をサポートしてくれるアプリで、
これを使うと開発環境(この場合OSか)に合わせた"最新版"を導入できる、とのこと。
対象のツールも下記サイトによると多岐にわたっている。

はてなブックマーク - 第372回 Ubuntu Makeで簡単にAndroid開発環境を構築する:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

ファイルを探してページをめくるより、
こっちのほうが楽そうなので使ってみた。

ubuntu-makeはppaから導入する。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-desktop/ubuntu-make
sudo apt-get update
sudo apt-get install ubuntu-make

使い方は簡単。
ターミナルから下記を実行すればOK。

umake android android-studio --accept-license

オプションの'--accept-license'はライセンス同意をスキップするオプション。
これを付けない場合は、ターミナルにライセンス条項が表示され、
同意をするかしないかを選ぶ必要があったらしいのだが、
実際に実行してみると、
そもそもライセンスが条項が取得できずにエラー終了してしまう。
そのため、このオプションを付けて実行した。

ubuntu-makeを実行するとインストールパスを問われるので、
適時修正後、enterを押すとダウンロードが始まる。
ダウンロードが終了するとubuntu-makeは終了してしまうので、
インストール先にあるandroid studioインストーラを実行する必要がある。

結局のところ、
今回のubuntu-makeはインストーラのダウンロードだけしかしていないけど、
ファイルを探しまわる手間を考えると、
これはこれでありのような気がした。

あとは、eclipseをインストールするとどうなるかを試してみたいが、
eclipseはすでにあるので、
次のLTSをインストールする際に試してみようかな。

ちなみに、android-sdkやらndkもインストールできるとマニュアルには書いてあったけど、
ファイルが見つからないとかなんとかで、sdkのインストールはできなかった。
結局、sdkやndkはandroid studioのメニューからインストールした。